タグ:dyeing ( 24 ) タグの人気記事

Rabiya's small articles #71

f0058980_10585537.jpg

着なくなった相棒gramaliのシャツから枕カバーを作りました。
ブルーのシャツは襟がくたびれており、またインドのシャツだったので襟の取替を義父にお願いしようにも生地が手元になく。ただ、生地はしっかりしていて捨てるには忍びなかったので枕カバーに。

オレンジ味の生地は去年糸を染めた時に一緒に染めてみたシャツ
押入れに長い間眠っていたのを引っ張りだしてきました。
生地がだいぶ弱くなっていて色を染めたところで少し汚れが目立つので、写真は控えめにしてみました。
2つともサイズを図らずフリーハンドでテキトーに作ったので少し大きめに仕上がりましたが、まぁいいか。
次回はもう少しきっちりと作ってみよう。

シャツのリメイクとして生地にもよりますが枕カバーは悪くないなぁと思います。
まだ試してはいませんが、ポケットにラベンダーやユーカリなどのアロマオイルを染み込ませたコットンを忍ばせるのもいいかも。
安眠効果が期待できるような気がします。
シャツのリメイクとして試してみたのがエプロンかばん、そして今回の枕カバーですが、他に手軽にリメイクできるアイテムはないかなぁ。













にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
オリジナルハンドメイド

[PR]
by sgr2006 | 2014-07-18 11:26 | small articles | Trackback | Comments(0)

Rabiya's small articles #63

f0058980_749819.jpg

リースをもうひとつ作りました。
前回はナイロンコードを使いましたが、今回はグリーンのヘンプとDYLONのオリーブグリーンで染めた麻×綿の混紡を使用したので、柔らかい仕上がりになりました。

糸に合わあせてナチュラルなパーツをあしらいました。
松ぼっくりは傘が閉じるまで一旦水につけて再度乾かしました。
穴をあけることができない松ぼっくりを固定させるのに一苦労。
どんぐりと椿の実はずっと以前のイベントで出逢ったものです。

突然興味を持ち始めたリースはマクラメで2つ、多肉でリースもどきを1つ作ったことで気が済んだようです。
これで、ようやく年末のてづくり市に向けて再びアクセサリーづくりに励むことができそうです。












にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
オリジナルハンドメイド

[PR]
by sgr2006 | 2013-12-03 08:03 | small articles | Trackback | Comments(0)

Rabiyaオリジナル・ハンドメイド・ネックレス#191

f0058980_22234344.jpg

全体的に渋めのグレーで合わせたネックレス。
ご自身で結んで装着するタイプなので長さの調節が可能です。

f0058980_222431.jpg

この石と出会ったのは数年前のジャイプル。
ジャイプルでは名前のわからない、一見地味に見えるのに不思議と惹かれる石と出会うことが多く、この石もそのひとつです。
事あるごとにこの石を使おうと試みたのですが、ようやくネックレスに仕上がってくれました。
ハウライトが一番近いような気もしますが、よく見かけるハウライトよりも一段とグレイがかっています。ハウライトの仲間なのかなぁ。
石が大振りなので、全体的にはあまりゴテゴテせずシンプルに。

糸は石に合わせて以前染めたビンロウジの麻を使用。
この色、好きです。
パーン(噛みタバコ)のイメージから鮮やかな赤を想像しがちなのですが、鉄媒染によってここまで色が変化してしまうなんて、驚きです。
そろそろこの色の糸もなくなってしまうので、またビンロウジで糸を染めたいなぁ。次は鉄媒染とは違う焙煎も試してみたいところです。












↓↓ランキングに参加しています↓↓
↓↓ポチッと応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
マクラメブログ
[PR]
by sgr2006 | 2013-10-22 22:40 | hemp + accessories | Trackback | Comments(0)

Rabiyaオリジナル・ハンドメイド・ネックレス#186

f0058980_6533375.jpg

小粒のマラカイトをトップに使用した風変わりなネックレスです。
トップが少し長めに仕上がったので、ネック部分はシンプルにしました。
糸は細めの生成りとピーナッツの皮で染めた淡い黄味の2色のヘンプを使用。
バックサイドは留めビーズを引っ張ることで長さの調節が可能です。

f0058980_653484.jpg

トップ部分のアップ。
マラカイトの下にあるのはさくらの木で作られたスプーン。
以前遊びにいった鬼子母神の手創り市で見つけた物です。
このスプーンとマラカイトのサイズがぴったり。できればスプーンに穴をあけたくなかったので、試行錯誤の上写真のように結びました。

f0058980_6535986.jpg

色合いをなるべくスプーンに合わせてアクセントにはホーンパーツを使用。
このパーツも長い間自宅で眠っていたのですが、ようやく出番がやってきました。

個性的なネックレスですが、全体的にスリムに仕上がっているので衣装の邪魔をすることなく首元を飾ってくれそうです。












↓↓ランキングに参加しています↓↓
↓↓ポチッと応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
マクラメブログ
[PR]
by sgr2006 | 2013-09-19 07:04 | hemp + accessories | Trackback | Comments(0)

Rabiyaオリジナル・ハンドメイド・ネックレス#184

f0058980_6473715.jpg

ローズクゥオーツのシンプルなネックレスです。
アクセントに水牛の角で出来たパーツをあしらいました。
長さは少し短めで、チョーカーに近いサイズ。
輪っか部分に留めビーズを引っ掛けて装着するタイプなので、長さの調節はできないタイプです。
DYLONマルチのボルドーで染めた糸をさし色に使っています。

f0058980_6475159.jpg

久しぶりにほぼ巻き結びでシンプルに仕上げました。
マクラメ作業をするときはマクラメボードを使用される方も多いかと思います。
自分がマクラメを始めた頃にボードがあったかどうかはわかりませんが、ボードがない中でずっと作業をしていたので、きっとボードがあるほうが作業効率がいいんだろうなぁと思いつつも今に至っています。
なるべく左右対称になるように気をつけながら(汗)。
左右の結びを同時進行させると、自分的には結び目が揃いやすいです。

以前よりも巻き結びでネックレスを作る機会が増えたので、マクラメボードがあればきっと便利だろうなぁ。
どうしよっかなぁ・・・。買ってみるかなぁ・・・。
でも使いこなせるかなぁ、と思うときっと買わないんだろうなぁ・・・。












↓↓ランキングに参加しています↓↓
↓↓ポチッと応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
マクラメブログ
[PR]
by sgr2006 | 2013-09-12 07:03 | hemp + accessories | Trackback | Comments(0)

糸を染める#6

f0058980_13335761.jpg

朝から久しぶりに玉ねぎの皮で麻糸を染めまていました。
今回は自分のアクセサリー用ではなく、相棒であるgramaliの革細工用です。
普段は生成りの細いヘンプをステッチ用に使っているのですが、たまにはステッチの色にも変化をもたらせることができれば、とgramaliからの要望。

重曹を少し入れて玉ねぎの皮を煮出したのですが、お酢を加え中和することをうっかり忘れてしまい(汗)、きちんとしたアルカリ抽出はできませんでした。
次はお酢を忘れないようにしないと。
媒染は銅。
いい感じの赤茶色に染まりました。
やっぱり玉ねぎの皮は色がキレイに出てくれます。

f0058980_1335493.jpg

煮出した染液が多かったので、勢いで着なくなったシャツも染めました。

我が家では着なくなったシャツをすぐに捨てることはありません。
なぜなら、gramaliが着ているシャツの9割はシャツ職人であるgramali父が作り上げたシャツだから。
gramali父の作るシャツは本当に縫製が見事です。
また、カフスや襟はくたびれてきたら取り替えてもらえるので、基本的には生地自体がダメになるまで着続けることが出来ます。
このシャツもgramaliは10年以上着ていましたが、さすがに、外出用としての役目は終わりました。
今のところ枕カバーかクッションカバーにリメイクしようと考えています。
果たしていつになったら最終形になるだろう・・・。
重い腰をあげて今年中には何とか形にしたい。

今日で2013年も前半が終了。明日からは折り返しがスタート。
時が流れるのは早いもだと毎年この時期になると同じことを思います。














↓↓ランキングに参加しています↓↓
↓↓ポチッと応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 麻・麻小物へ
麻・麻小物ブログ
[PR]
by sgr2006 | 2013-06-30 14:02 | rabiya | Trackback | Comments(0)

Rabiyaオリジナル・ハンドメイド・ネックレス#168

f0058980_8491775.jpg

水牛の角でできた葉っぱモチーフをトップにあしらった季節が少し先へ進みすぎたような秋らしさを感じるネックレスです。
糸はタマネギで染めた麻を使用。
バックサイドはご自身で結んでいただくタイプで、長さの調節が可能です。

f0058980_8494615.jpg

アクセントには小粒のめのうとガラスビーズをあしらいました。
自分で染めた糸なので染めムラがところどころあるのですが、巻き結びの部分はその染めムラも微妙な味わいを醸し出してくれているようです。

f0058980_8483054.jpg

水牛の角は自宅にいくつか眠っています。
数年前パキスタン大勢時に北部フンザで宿の主人からいただいたり、ラホールの屠殺場でいただいたりしました。
水牛の他にはヤギの角もあります。
やはり体格差があるのでヤギの角のほうが小振りで繊細な角です。
最近は角を切ったり磨いたりという作業を全然していませんが、また時間に余裕ができたらココナッツ磨き同様再開したい作業の一つ。
ただ、角を紙ヤスリで磨いている時の臭いがあまり得意ではないので、今の狭い自宅ではキツいかなぁ・・・。










↓↓ランキングに参加しています↓↓
↓↓ポチッと応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
マクラメブログ
[PR]
by sgr2006 | 2013-06-08 08:53 | hemp + accessories | Trackback | Comments(0)

糸を染める#5

f0058980_21401657.jpg


以前松ぼっくりで染めたヘンプ2本のうち、のうちみょうばんで媒染をした方の糸をを再度ピーナッツの殻で染めてみました。
以前購入した草木染めのこものという本にピーナッツの殻も思いのほかいい色に染まると書かれてあったから。

染めるためにはまず殻付きのピーナッツを買って食べなければ。
普段ほとんど食べることがない殻付きのピーナッツ。
食べるのに意外と時間がかかりました。
ピーナッツも外側の殻と薄皮とを別々で染めれば各々違った色合いで染まるらしいのですが、今回は両方混ぜて染めることに。
また、媒染はみょうばんにしました。

松ぼっくりを染めたときと同じような優しい色合いに仕上がりました。
この色もいい味を出しているのですが、色が染まりづらい麻糸を染めるのはやはり難しいですね。玉ねぎの皮のような劇的な色の変化がなかなか出ません。
シルクだったらもう少し鮮やかに色が出たのかな。もう一袋殻付きのピーナッツを食べた方が色がもう少し出たのかもしれません。
色の変化が乏しく一見失敗したかのようにも思えますが、これはこれでナチュラルの糸と2色使いでアクセサリーを作るときっと優しい色味になるんだろうな。










↓↓ランキングに参加しています↓↓
↓↓ポチッと応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 麻・麻小物へ
麻・麻小物ブログ
[PR]
by sgr2006 | 2013-05-20 21:53 | rabiya | Trackback | Comments(0)

糸を染める#4

f0058980_22342749.jpg


久しぶりに麻糸を染めました。今回の染材は松ぼっくり。
先日所用で出かけたおりに拾ったものを使いました。
写真左が元の糸。
写真中央の少し色味が濃いのが鉄媒染。
写真右の少し明るい色合いがみょうばんでの媒染。
想像よりも優しい色合いに染まりました。
確かに以前松ぼっくりに似たヤシャブシで染めた時も思いのほか染まらなかったと記憶しています。
やはり麻は染まりにくいのかなぁ・・・。
松ぼっくりは1番目よりも2番目のほうが色が濃く煮出せたように感じます。
染材や媒染などの分量は適当なので何とも言えないところではあるのですが、同じ素材を使っていても季節や乾燥具合、もちろん分量によっても色の出方がひとつとして同じではない一期一会なところが草木染めの面白さだと思います。
今回の松ぼっくりで染めた糸も、また違う染材で染め直しても楽しいだろうな。

次はピーナッツの殻で染めてみようと企てています。
まずは手持ちの殻付きピーナッツを食べないと。













↓↓ランキングに参加しています↓↓
↓↓ポチッと応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 麻・麻小物へ
麻・麻小物ブログ
[PR]
by sgr2006 | 2013-04-09 22:47 | rabiya | Trackback | Comments(0)

Rabiyaオリジナル・ハンドメイド・ネックレス#160

f0058980_22174638.jpg

昨年のインドで出逢った蛇紋石(サーペンティン)を使ったネックレスです。
石が個性的なのでシンプルに仕上げました。
糸はナチュラルをメインにビンロウで染めた灰色味の糸を合わせ2色使いに。
バックサイドの留めビーズを引っ張ることで長さを調節することが出来ます。

f0058980_22175848.jpg

インド滞在時に顔を出す石屋の親父が持っていたのがサーペンティン。
初めて見る独特の色味と模様に惹かれました。
サーペンティンは旅のお守りとして、目に見える危険だけではなく目には見えない魔物からも身を守ってくれるということで重宝されており、行商人が身につけていたそうです。
また、新しい門出を祝福してくれる旅立ちの石として、新たな環境へ踏み出す勇気やその中で直面する困難を乗り越える手助けをしてくれるとも言われています。
新年度が始まり、新しい環境を迎える人が多い季節の今にこそふさわしい石と言えるでしょう。

このネックレスは先日出展した池袋MOTTAINAIてづくり市で、編み物を本格的にされている方の元へ旅立っていきました。












↓↓ランキングに参加しています↓↓
↓↓ポチッと応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
マクラメブログ
[PR]
by sgr2006 | 2013-04-02 23:02 | hemp + accessories | Trackback | Comments(0)