【忘備録】Ouarzazate

f0058980_11363182.jpg

@ Aït ben Haddou

Ouarzazateの宿
Hotel Marmar 2泊 49€
(ツインルーム、トイレ・シャワー付き/市税1人あたり1泊1€込み)
朝食は別途料金(20〜30Dhだったと記憶)でオーダー可能だがこのときは朝食をつけなかった。
ただ、宿の1階はカフェになっているので、いつでもコーヒーを飲むことができる。
また、フロントのお姉さんの英語は今回モロッコで出逢ったローカルの中ではダントツで流暢だったのがとてもありがたい。
部屋は清潔感があり個人的にかなり好みだったが館内は禁煙らしく、喫煙者の相棒にとってはちょっとしんどかったかも・・・。

f0058980_11365629.jpg

@ Atlas Film Corporation Studios


ワルザザートの町自体はこじんまりとしているものの、砂漠の入り口ということでワルザザートを基点として動く旅行者は少なくないと思われる。

見どころ1:アイト・ベン・ハドゥ(写真上)
ワルザザートから30kmほど離れた場所にある世界遺産に登録されているカスバで、映画グラディエーターのロケ地としても有名。
公共の交通機関だとワルザザート中心地から分岐点となる場所まで乗り合いタクシーで行き、そこで別の乗り合いタクシー乗り換える必要があるらしく、今回は時間もあまりなかったのでタクシーをチャーターして出向いた。
料金は1人125Dhとして1台250Dh支払い、途中見晴らしの良い場所で少しゆっくりしてからアイト・ベン・ハドゥでは2時間強ほど時間を使い帰路についた。
この金額が相場と比べて高いのか安いのかは不明だが、交渉次第でオリジナルのツアーを組むことができるので、まずは値段とドライバーが勧めるツアーコースを聞いてみると良い。

見どころ2:アトラス映画スタジオ(写真下)
営業時間:8:15〜17:15
入場料金:大人50Dh/子供35Dh
**この料金にはガイドも含まれている。
ガイド付きだと40分程度でスタジオ内を見て廻るとのことだが、自分たちはとにかく写真を沢山撮りたかったのでガイドは付けずに好き勝手にスタジオを歩いた。
ワルザザートから7〜8kmほどの場所にあるスタジオで、グラディエーター、シェルタリング・スカイ、ハムナプトラ、クンドゥンなどをはじめ多くの映画が撮影されている。
運が良ければ撮影現場に遭遇できるのだろうか・・・。
また、スタジオ入り口にはホテルが併設されており、そちらにも撮影された映画のポスターや映写機のなどが展示されている。
今回、スタジオ入り口の写真を相棒と自分2人して撮り忘れるといううっかりぶり。
スタジオまでは、やはりタクシーをチャーターした。
料金は1台50Dh支払い、スタジオ内を2時間ほど写真を撮りながら散策したが、散策しきれず><
もう1時間位あっても良かったかなぁと少し後悔。
セットは一度組んだら解体せずにそのままにしておくのか、風化したセットがなんだか廃工場のようで興味深かった。
次回このスタジオに行くときには、新たなセットが増えているかも。
映画が好きな人も、そうでない人も楽しめる場所だと思う。

MarrakeshからOuarzazateへはバス移動。
Supr@toursがMarrakeshの鉄道駅隣にある。
1人80Dh+荷物代(10Dh)
オフィスで荷物台を支払いシールをもらう。シールはチケット用と荷物貼付用。
所要時間は約4時間。途中、休憩が1回。
Supr@toursは列車運行との乗り継ぎ等連携がされているので、利用価値は高い。











↓↓ランキングに参加しています↓↓
↓↓ポチッと応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
マクラメブログ


人気ブログランキングへ
[PR]
# by sgr2006 | 2017-04-13 12:22 | rabiya | Trackback | Comments(0)

【お知らせ】4月12日よりネットショップを再開させていただきます。

f0058980_9551479.jpg

2/28(火)より各ネットショップでの販売をお休みしておりましたが、
本日4/12(水)より通常通り対応させていただきます。
どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

一昨日4/10のフライトでスペインからモスクワ経由で帰路につきました。
たまたま航空券の相場をネット検索していた時にべらぼうに安い航空券を発見してしまい、これまで縁のなかったモロッコ&スペインへの移動となりました。
これまでの主な移動先はインド、パキスタン、タイ時々ネパールとはまっタック違った環境での移動は、新鮮だったと同時にとても勉強になりました。
何はともあれ無事に帰路につくという第一目標を達成することができて何より。
成田到着前、機内アナウンスは堂々と『天候は晴れ!!』とおっしゃってましたが、着陸時にはなかなかの雨でした。
あらかじめ書かれている日本語の機内アナウンス原稿を読み上げたんだろうなぁ。
天気予報は現地出国前にチェックしていたので雨を再確認しただけでしたが^^;

5月の出店に備え、今後しばらくは制作作業を中心とした生活になりそうです。
移動記録及び制作記録はまたぼちぼちと更新していきます。














↓↓ランキングに参加しています↓↓
↓↓ポチッと応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
マクラメブログ


人気ブログランキングへ
[PR]
# by sgr2006 | 2017-04-12 10:07 | information | Trackback | Comments(0)

スペイン再び

f0058980_03223683.jpg

約1カ月滞在したモロッコを後に対岸のスペイン側へ。
本当だったら10時のフェリーに乗って、1時間の時差込みでも昼過ぎには対岸のタリファに到着予定だったのだが、残念なことに強風のためタリファ行きのフェリーは終日欠航。
仕方なく旧港から50kmほど離れた新港へ向かい、そちらからスペインへ渡ることになった。
新港からのフェリーも約1時間遅れで出航し、スペイン側のアルヘシラスへ到着したのは3時くらい。
タリファへはフェリー会社の無料シャトルバスがあるはずなのたが、今日に限ってはタリファからのフェリーが欠航のためシャトルバスもないらしく(TT)、ローカルバスでタリファに向かうことにした。
さすがに20kmの距離にタクシーは使えない…。
夕方6時発のバスに乗り、結局宿に到着したのは7時頃だったが8時を過ぎてもまだまだ明るいので変な感覚。
今はコインランドリーでたまった洗濯物を片付けている。
モロッコ国内での移動はかなりスムーズだったが、まさかここに来て手間取ってしまうとは。
自然が相手なので仕方ないかな。
明日、明後日とマドリードへ向けて移動。
そろそろ東京だ。









↓↓ランキングに参加しています↓↓
↓↓ポチッと応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
マクラメブログ


人気ブログランキングへ





[PR]
# by sgr2006 | 2017-04-08 03:09 | rabiya | Trackback | Comments(0)

【忘備録】Meknes & Marrakesh

f0058980_20503338.jpg

Meknesの宿
Riad Malak 3泊 50€+205Dh
(ダブルルーム、トイレ・シャワー付き、朝食付き/市税1人あたり1泊3€込み)
今回の移動で初めて部屋にテレビがついていた。
宿のwifiは部屋では不安定なため、宿近くのカフェでメールチェックなどをしていた。ちなみに近所のカフェはカフェ・オ・レが6Dhと安くありがたい。
街の規模はメディナ含めて個人的に丁度いい大きさで動きやすかった。
ただ、この街で一番楽しみにしていた聖者廟が改修工事中で中に入れなかったのが本当に残念(TT)

f0058980_20503480.jpg

Marrakeshの宿
Sindi Sud 3泊 50€+190Dh
(ツインルーム/シャワー・トイレ共用、朝食付き/市税1人あたり1泊2.5€込み)
この宿もデリーのHotel Navrangを思わせる印象。
ホットシャワーがこれまでのモロッコで1番良かった^^
宿付近の通りがカトマンドゥに近い印象で懐かしさを覚えたのは、きっと土産屋さんのラインナップやディスプレイがジョッチェンのそれに似ていると感じたから。
街はさすがに規模が大きく見晴らしのいい場所からはうっすらと雪化粧したハイアトラスを眺めることができる。
フナ広場はなかなか楽しいが、蛇使いやら楽士に少しでもカメラを向けるとバクシーシを要求され、しかも10Dh未満は受け取り拒否というあからさまな様子が疲れる。
ま、これは観光客側にも問題があるのだろう。

FezからMeknesへはバスで小一時間ほどの移動。
1人20Dh+荷物代(1人5〜10Dhだったと思われる)

MeknesからMarrakeshへの移動は列車で約8時間ほど。
チケットは1人184Dhで駅構内の券売機で購入可能。
券売機はクレジットカード使用可能なものだが相棒、自分共にカード決済ができなかったので、もしかしたらカード発行場所によってはカード使用不可かも。
Meknesの駅はこじんまりとしていていい雰囲気だった。











↓↓ランキングに参加しています↓↓
↓↓ポチッと応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
マクラメブログ



人気ブログランキングへ


[PR]
# by sgr2006 | 2017-04-01 20:39 | rabiya | Trackback | Comments(0)