カテゴリ:smorking( 6 )

チロム #4(陶器・チロム)

f0058980_6594887.jpg

陶器チロム。
鮮やかな蒼によるデザインが入った一品。
焼き物のチロムでこのようなタイプは非常に少ない。
一目見て惚れ込んだ。

このチロムとの出逢いはデリー。
毎朝、チャイ屋へ行く道すがら立ち寄る
ゴザを敷いただけの婆さんのガラクタ屋。
婆さんとはもう長い付き合いだ。
その婆さんのゴザには時折、
信じられないような掘り出し物がある。
これまでにもたくさんの希少な石を購入していた。
その日もアクセサリー用の石を眺めに立ち寄ったのだが、
婆さんがニヤリと笑い、袋の中から出したのが
このチロムだった。
婆さんは私の表情が一瞬で変わるのを見て
うなずきながら更にニヤついた。
何もかも見透かすような婆さんはクセのあるマランゴだ。
値段の交渉などはほぼしなかった。
それは私のために持って来てくれたようなものだったからだ。

すべては出逢いである。
人と人の出逢い、人と物の出逢い、人と風景の出逢い。
私達はそれらたくさんの出逢いに感謝しなければならない。

婆さんは言った。
「値段はお前が決めていい」

私は先輩マランゴに敬意を表し、
婆さんが驚くはずのルピー札を選び手渡した。
婆さんは驚きの表情は見せず、
一瞬、動きを止めた後で
満面の笑みで言い放った。

「チョロ・ティーケェ」
私達も婆さんも少しだけ暖かく
少しだけ幸せな気分に浸った。

f0058980_7231580.jpg



チロム No4
全長:15cm 
トップ直径:2.4cm
チロムストーンの長さ:2.5cm
チロムストーンを入れた時のトップの深さ:2.2cm


ご興味ある方はどうぞお気軽に
メールにてご連絡ください。



*更新5/14 既にお客様の元へ旅立って行きました。
[PR]
by sgr2006 | 2007-04-05 07:43 | smorking | Trackback | Comments(0)

ガラス工芸パイプ








ネパールで作られているガラス工芸パイプ。
すべてではありませんが、
私達のオリジナルデザインの工芸パイプも
含まれています。

後ろに流れているのは
Baba Shah jamalでDholを演奏している
パプー・サイン&ジュラ・サインのユニット
「Overload」の曲で『Only』。

どうぞご覧下さい。

ご興味ありましたらどうぞお気軽に
メールにてご連絡ください。
[PR]
by sgr2006 | 2007-03-24 17:49 | smorking | Trackback | Comments(0)

チロム #3(クリスタル・チロム)

f0058980_2352955.jpg

チロムは喫煙具の一つである。
そのフォルム、その構造からして
最もシンプルな喫煙具であると言えよう。

筒状の棒とその筒の中に入れる
煙を逃すための溝のある石か何か、
或は内壁面との隙間のある何かがあれば
チロムの構造は再現出来る。

粘土をその構造に型取り焼いた物、
木をくり抜いた物、
石をくり抜いた物、
大きく分けてチロムにはこの3つのタイプがある。
時折、旅先で野菜をくり抜いたチロムに出逢う。
旅人がニンジンや大根や瓜をくり抜いて
その内壁面に隙間が出来るサイズに切った
野菜の破片を入れれば使用可能だ。

粘土を焼いたチロムや
石をくり抜いたチロムは
温度のGapや衝撃に弱いため
取り扱いには注意が必要だ。
使用すればチロムは長い時間
火玉を保有することになるので
チロム自体がかなり熱くなるのだ。
熱が冷める前に水分などで
急激に冷えるようなことがあれば
砕けてしまう。
というのもチロムは一度使用し、
中身の全てを白い灰にして終わらせた後、
その度に掃除し手入れするのが通常であり、
また吸い口が熱くなるのを防ぐために
水に湿らせた布を吸い口に巻いて使用するが、
時折、掃除のための布と
吸い口に巻く、
水に湿らせた布とを間違えて
手入れしてしまった時に
チロムを破壊してしまうという悲劇が起こる。


先に述べた溝のある、
或は内壁面との隙間を持つ物質を
通常チロム・ストーンというが、
大方、チロム本体のマテリアルと
同じ物であることが多い。
粘土を焼いたチロムのチロム・ストーンは
粘土を焼いた物だし、
石をくり抜いたチロムのチロム・ストーンは
同じ石で作られた物だし、
木をくり抜いたチロムのチロム・ストーンは
木で出来ている。
しかしチロム・ストーンが
必ず本体と同じマテリアルである必要はない。

f0058980_23522083.jpg

最も大切なのは
チロム本体とチロム・ストーンとの隙間である。
チロムは本体にチロム・ストーンを入れて
そのチロム・ストーンの上に火を移す物質をのせて
その煙を吸うのだが、
隙間は煙の通り道となるため
例えばその隙間が狭い場合は
煙がなかなか入って来ない状態となり、
その隙間が広い場合は煙だけでなく
火のついた煙りの素そのものが落ちて来てしまう。

チロム・ストーンも色々ある。
大方は円錐状の形で
その外壁面にいくつもの細かい縦溝が入っているタイプ。
他にも六角錐のチロム・ストーンがある。
チロムの内側は円柱をくり抜いているため
円に六角を当てはめると六つの隙間が出来る。

チロム本体の内側の円周と
チロム・ストーンの円周及び溝、隙間によって
チロムのコンディションが決まるのだ。

先に述べた
チロムの吸い口に巻く
水に湿らせた布のことを
サフィと呼ぶ。



クリスタル・チロムNo3
全長:13.2cm 
トップ直径:1.7cm
チロムストーンの長さ:4.5cm
チロムストーンを入れた時のトップの深さ:2cm


ご興味ある方はどうぞお気軽に
メールにてご連絡ください。
[PR]
by sgr2006 | 2007-03-06 23:55 | smorking | Trackback(1) | Comments(1)

チロム #2(クリスタル・チロム)

f0058980_13333955.jpg

水晶をくり抜いたクリスタル・チロム。
このクリスタル・チロムには彫りが刻まれ、
女性の胸が象られています。
クリスタル・チロムの素晴らしいところは
火を灯し喫煙する際に
トップの火玉が見えることであり、
その火玉の揺れや膨らみは
喫煙者の呼吸そのものを表現します。
淡い火玉の輝きを見つめることそのものが
新しい発見となり、路となるでしょう。

f0058980_13444457.jpg


今回紹介するクリスタル・チロムは
セカンドクリスタルのため
前回紹介したようなファーストクリスタルの
透明感そのものはありませんが、
逆にセカンドクリスタルならではの
朧げな火玉の発色を見ることが出来ます。

クリスタル・チロムNo2
全長:12cm 
トップ直径:1.5cm
チロムストーンの長さ:2cm
チロムストーンを入れた時のトップの深さ:3cm


ご興味ある方はどうぞお気軽に
メールにてご連絡ください。




*更新5/14 既にお客様の元へ旅立って行きました。
[PR]
by sgr2006 | 2007-02-28 13:51 | smorking | Trackback | Comments(0)

チロム #1(クリスタル・チロム)

f0058980_834764.jpg

チロムというのは喫煙具の一つ。
主にインド、ネパール、パキスタンなどで使われている。
世界中にはたくさんの喫煙具がある。
イスラム文化にはホッカと呼ばれる巨大な水パイプがあり、
東南アジアにはボングと呼ばれる水パイプがある。
それらの喫煙具は
その土地にある風習や文化を象徴してきた。

その中でも特にチロムは宗教への関わりを含んでいる。
チロムは言わば宗教的意味合いを多く持つ
宗教的喫煙具であるとも言えよう。
しかしあくまでもその地にある土着的要素の表れであって、
宗教そのものに喫煙具が必要不可欠であるとは言えない。
宗教におけるその人の立場、考え方において
実際にチロムを使う者、使わない者の差がある。

リーガルかイリーガルかという観点ではなく、
道具としてどのように使われているのか、
どのような現場でどのような認識下において
それらが存在しているのか、ついて説明するならば、
例えばインドはヒンドゥー教、イスラム教、仏教の混在した
大きな宗教観念のものとに成り立っている。
神との接触、神に向かい合うことの多い場所である。
ヒンドゥー教の三大神はブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァであるが、
多神教であるヒンドゥー教の中でも
シヴァを信仰するシヴァ派のヒンドゥー教徒にとって
チロムは神と己を繋ぐための
大切な宗教的な道具として取り扱われている。
なぜならシヴァは愛煙家であり、
チロムを用いて喫煙するとされているからである。
シヴァ派ならずともヒンドゥー教徒でしかも世俗を捨てて修行する
サドゥーのような立場になれば
修行の場においてチロムを使用するのは当然の成り行きだろう。

神の力を備えたありがたい壷などといって
インチキな商売に出てくる壷などより
チロムはその土着的な宗教文化、風習を担っている。

今回紹介するクリスタル・チロムは
その名の通り、水晶をくり抜いたチロム。
特にこのクリスタルチロムは
ファースト・クリスタルをくり抜いているからこその
透明感を誇っている。

f0058980_9561028.jpg


クリスタルチロムNo1
全長:13.5cm 
トップ直径:1.8cm
チロムストーンの長さ:6cm
チロムストーンを入れた時のトップの深さ:2.7cm


ご興味ある方はどうぞお気軽に
メールにてご連絡ください。
[PR]
by sgr2006 | 2007-02-27 10:11 | smorking | Trackback(2) | Comments(1)

ジャスパー・チロム

f0058980_326951.jpg

ジャスパーという石をくり抜いたチロム。
様々な色や模様のあるジャスパー石だが、
インド、ラジャスターン州で手に入れた
このジャスパー・チロムは
実に複雑な模様を描いている。
[PR]
by sgr2006 | 2006-05-12 03:30 | smorking | Trackback | Comments(0)