2017年 04月 14日 ( 1 )

【忘備録】Merzouga

f0058980_84338.jpg

Merzougaの宿
Auberge Africa 3泊 57€ (ダブルルーム、トイレ・シャワー付き)
朝食は別途料金(30Dhだったと記憶)でオーダー可能だが朝食をつけなかった。
フロント横にダイニングスペースがあり、晩御飯やコーヒーなどはこちらを利用することもあった(食事代込でトータル50€+308Dhの支払い)。
部屋はフロントとは別棟にあり、wifiはフロントのある棟のみ使用可。

滞在初日、水の供給がかなり不安定だった。
宿の人曰く、町側の供給に問題があるとのことだったが、真相は不明。
そのためシャワーを浴びる際は宿の人に水を出してもらうように言わなければ、途中で水が止まってしまう可能性が大きい。
ただ、2日め以降は何とか水が24時間供給できるようになり、事なきをえた。
水供給が不安定な時に宿から借りたバケツ2つや空いたペットボトルに汲み置きした水は、結局滞在中はずっと予備として確保していた。
水確保に関してはパキスタンでも苦労したことがあったため、これまでの経験についてテストを受けている気分だった。

f0058980_8431547.jpg

宿の裏手すぐには砂丘が広がる。
メルズーガにある宿はどこも同じかと思うが、宿で様々な砂漠ツアーを提供している。
お手軽なものだと1時間単位でらくだに乗って砂丘散歩というものから、1泊2日、または2泊以上のキャメルサファリなどなど・・・。
らくだだけではなくジープで砂漠をまわるツアーもあり、今回私たちは宿の人に無理をお願いして通常6時間ほどのツアーを3時間にしてもらった(料金は300Dh/人)。
宿だけではなく、周辺のカフェにはツアーのドライバーを生業としている人たちが何人もいるので直接彼らと交渉することも可能だ。
ツアーのドライバーはブルーの衣装を皆着用しているのですぐ判別できる。

OuarzazateからMerzougaへはバス移動。
Supr@toutsで140Dh+荷物代(10Dh)
所要時間は約8時間。
Marrakesh発のバスに乗り込む形となる。出発予定時刻は13時だが、道路事情等により遅れることがある。必然的にMerzouga着は夜9時以降となるので、宿の人に迎えに来てもらえるのであればそのほうが安心できる。

OuarzazateからFezへの移動。
Supr@toutsで180Dh+荷物代(10Dh)
所要時間は約10時間。
19時Merzouga発のバスに乗り、翌朝5時位にFezへ到着。
Fezの鉄道駅向かいにバスが到着する。

今回はFezに滞在せずに直接Chefchaouenへ向かったため、鉄道駅でしばし時間をつぶす。
駅構内にあるカフェではカフェオレが18Dhと少し高めだが、雨風がしのげること、トイレが無料で使えること、wifiが使えることを考えればありがたい存在だった。
ちなみにFezからChefchaouenへはローカルバスで向かった。
バスチケットは80Dh/人+荷物代(10Dh)
所要時間は4時間半ほど。











↓↓ランキングに参加しています↓↓
↓↓ポチッと応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
マクラメブログ


人気ブログランキングへ
[PR]
by sgr2006 | 2017-04-14 09:37 | rabiya | Trackback | Comments(0)