【忘備録】復路もろもろ

f0058980_10541959.jpg

Chefchaouenの宿:その2
Dar Touijar 2泊 48€ (ダブルルーム、トイレ・シャワー付き)
復路のシャウエンはメディナ内の宿にした。
やはりメディナ内だと動きやすくて良い。
そして、最後の最後で美味しいごはん屋さんと静かなカフェをこの宿近くに発見したのは嬉しい収穫だ。
きっと次回シャウエン滞在があるならこちらの宿になるかなぁ。
でも、もう1軒メディナ内の違う宿に泊まってみるのもアリな気もする。

ChefchaouenからTangierへはバス移動。
45Dh/人+荷物代(20Dh)。荷物代は高めにとられてしまった・・・。
所要時間は約3時間。

TangierからTariffaへのフェリー移動。
10時の便でタリファへ向かいたかったが強風のためフェリーは終日欠航。
急遽、タンジェ新港からアルヘシラスへ向かうことに。
タンジェ新港は40kmほどの距離にあるためタクシー(250Dh)を利用したが、料金が適切かどうかは不明。

f0058980_10543087.jpg

Tarifaの宿:その2
Hostal La Calzada 1泊 50€(ツインルーム、トイレ・シャワー付き)
往路の宿とほど近い場所にある。
モロッコ国内ですでにタリファの宿を予約していたので、フェリーが急遽アルヘシラス行きに乗ることになっても、どうしてもタリファへ向かう必要があった。

AlgecirasからTarifaへのバスは4.9€。
タリファと比べるとアルヘシラスのほうが町の規模は大きく、またタリファ−タンジェ間のフェリーは天候の影響をうけやすいため、今後はもしかするとアルヘシラス−タンジェ間をフェリー移動しタンジェ新港から直接バス停へ向かい、直接シャウエンまでバス移動する選択のほうがいいかも知れない。
でもタリファのこじんまりとした雰囲気は嫌いじゃないので、できればタリファからタンジェへ行きたいなぁと思う。

Sevillaの宿:その2
Pension La Montorena 1泊 60€(ツインルーム、トイレ・シャワー共用)
セビーリャは全体的に宿が高めなのか、今回の移動で一番コスパの悪い宿だった。セビーリャという街自体は雰囲気が好きだが宿代が高めとなると今後あまり多様できないかも・・・。

SevillaからMadridへは一人69.6€のrenfe(列車)での移動。
10:45SEVILLA-SANTA JUSTA発、13:15MADRID-PUERTA DE ATOCHA着。
マドリードに到着後はメトロでAve. Americaまで向かい、115番バスで空港エリアBarajasまで。
マドリードの宿から空港へは約20分間隔で走る101番バスで向かうことが出来る。
マドリード市内バス移動は1.5€。
復路スペインは基本1泊ずつで駆け足の移動となった。










↓↓ランキングに参加しています↓↓
↓↓ポチッと応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
マクラメブログ


人気ブログランキングへ
[PR]
by sgr2006 | 2017-04-16 11:43 | rabiya | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sgr2006.exblog.jp/tb/27729956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 一週間 化石探し >>